実は、今週弾丸旅行で、日本に一時帰国をしてきた。

理由は、不動産の売却である。

不動産事業も、2棟購入したことにより、青色申告が可能な事業規模になったので、区分として所有してたマンションを売りに出してみた。 返済比率も低く、ロケーションや間取りも良いので、そんなに慌てないで売却するつもりであった。

最悪、売れなくてもそのまま所有していても良い、ぐらいの気持ちでいた。

また、不動産においては出口戦略も必要であり、出口戦略一つは、売却である。

その勉強を含めた経験のためにも、良いという気持ちでいた。

売却にあたっては、不動産一括見積もりサイトを活用した。ググってくれればいくらでも評価&紹介してくれているサイトがあるので、そちらを確認してください。

自分の区分マンションは、山手線駅から徒歩6分と良い立地だったので、不動産一括見積もりサイトが紹介してくれた、会社は10以上あった。 田舎だと、数件しか会社がでてこないらしい。 自分は、8社程度に机上の見積もりをお願いした。 ここからが、各社の対応において違いがあった。 大きく言うと

1、システム的に見積もりを瞬時に提出してくれる会社 ※大手会社

2、見積もりに必要な詳細情報を確認しつつ、半システムにて見積もりを数日後に提示してくれる会社 ※中堅会社かな

3、見積もり提出より、電話等にてすぐに顧客に紹介したいからと連絡がある会社 ※新興会社かな

 

上記やり方や、会社の規模に良い悪いはない。 自分にあった方法で売却できれば良いだけである。

ただ、今回の自分の場合においてだが、会社が大きくなればなるほど、システムちっくで、人情味がない気がした。

※自分も、サラリーマンとしては大会社で働いているので、良く理解できる。

 

結論としては、今回は3にて売却をすることにした。 大きな理由は、一般投資としての買主ではないために、高い金額を提示してくれたからである。

今回、弾丸旅行スケジュールは

朝7時に家(タイ)を出発→夕方19時に成田空港着→20時〜23時イオンモール成田にて家族のお土産購入→23時〜24時 不動産会社の方と売買契約→1時に就寝→6時起床→朝7時に成田空港着→朝9時成田空港発→15時にタイに到着。 約30時間の旅行であった。(日本に滞在していた時間は、活動していた時間だと、5時間程度)

今回の売却がすんなり進むとすると、キャピタルゲインとして約150万円、時間単価だと5万円/時間、実質不動産について対応していた時間は1時間である。

サラリーマンの業務と比較するとなんと効率が良いのか。 ただし、この感覚が普通になると怖いということも覚えておく必要があり、コントロールする必要がある。

得た利益については、無駄使用しないで、利率も良い安全資産に投資してじっくり次の投資機会を待つつもりである。