現在、確定申告を準備しており、サラリーマンの収入である、”平成26年度分 給与所得の源泉徴収票”を
見ていたが自分が大学卒業して、サラリーマンになり今に至るまで毎月給料がもらえ、更に毎年給料が増えて
いることは嬉しいことである。

平成26年度における給与所得の源泉徴収票を、日本の一般サラリーマン(平成25年)と比較すると

1、平成26年度のサラリーマン年収は”750万円以上800万円以下”のため、平均年収の約1.8倍
(男性平均年収の1.5倍)
2、年齢が40前半であり、年齢階層別平均年収の約1.6倍(男性年齢別平均年収の約1.3倍)
3、年齢が40前半であり、今までの年収を集計すると40前半までのサラリーマン生涯収入の約1.5倍

以上より、サラリーマンとしてはまずまずの結果であり、平均以上のリターンを得ていると言える。